作物を守る方法~ハクビシン対策は道具を活用する~

ハクビシンは放置しておくと大変なことになります ハクビシンは放置しておくと大変なことになります

畑や家庭菜園で行なうハクビシン対策について

ハクビシンによる作物の被害総額は、年間数十億にも上ります。果樹園はいわばハクビシンのエサの山であり、屋根裏以上に理想の住まいでもあります。そのため、果樹園や畑を持っている場合、より徹底したハクビシン対策を行なわなければなりません。

作物を守るためのハクビシン対策

畑の周りに電気柵を設置すればハクビシンは近づきません (駆除業者)

ハクビシン対策でまず絶対に導入しておくべきものは、電気柵です。ハクビシンは、フェンスを設置しても木登りが得意なのであまり効果がありませんが、電気柵で一度痺れさせると危険と判断し、襲われるリスクがぐっと減ります。しかし、設置する時は人が触らないように注意書きをする必要があります。

ハクビシンはカプサイシンが苦手です (駆除業者)

ハクビシンが嫌がるものに、カプサイシンがあります。カプサイシンというのは唐辛子に含まれている辛味成分のことであり、追い出しや忌避剤代わりにカプサイシンを使用したものもあります。これを地面にまくだけでも高い効果が期待できます。でも、使用する際にはうっかり触ったり吸ったり目に入ったりしないように徹底した注意が必要になりますね。

音や光でハクビシンを追い返すようにしましょう (駆除業者)

安全に追い返す方法として、光や音を出して驚かせ、追い払うといった方法が挙げられます。この方法は、何度もやっていると慣れてしまうため、忌避剤や電気柵に比べると若干効果は薄いですが、音や光がすることで侵入していると判断することができるため警戒しやすくなるという隠れたメリットがあるのです。

エサを取れなければハクビシン対策は成功です

このような対策を施して、被害を最小限に抑えましょう。ハクビシン対策法の中には、鳥獣保護法の関係で許可が必要なものもあるので個人では簡単に行なわない方が安心です。駆除業者に依頼してハクビシン対策を練ると、効果の現れ方にも違いが出てくるのでしょう。プロの手にかかれば、より効率的なハクビシン対策を練ることができます。

TOPボタン